2021/4/1(木) トレード振り返り(収益:+1,382円)

4月に入ったということですが、依然として入りづらい地合いではある。もうちょっとドルが調整してくれればなあといったところ。

持ち越したポジション

ドル円買(1.5枚 85pipsぐらい)

ドル円はなんだかんだいい感じ。どっか見える押し目があれば買っていきたいんだけれども。

この青ラインの上抜けで買ってもいいけど、さすがに4時間足レベルの押し目じゃないとリスクかなあ。

買いたいけど、揉み合い始めるまでは我慢かなあ・・・・・・。

9:52 雑に豪ドル円買(1枚)

4時間足20SMAに反発して上昇。株が比較的好調なので、まあ豪ドルも落ちることはないかなということで長期目線のロング。押し目だとしたらここかなという気持ちがある。目前にデイリーピボットがあるのがアレだが、まあ落ちたら落ちたでさらに押し目を拾ってナンピンしていくつもり。クロス円やるとしたら金利が高いドル円か豪ドル円か、ってとこがあるし。

これから昼までチャートを見れないので、このまま気絶。逆指値はおかない。

しばらくはドル買い・円売り・ユーロ売りがわかりやすいか

明確な材料があるこのへんを主軸にスイングを狙っていくことにはなる。
豪ドル円は現状含み損だが、まあどうせそのうち戻ってくると思ってるので放置。

豪ドルが強く売られる材料としては、中国株が下落した時とかかなあとは思ってるけど、上海指数のチャートは意外と死んでなかったので、まあ大丈夫やろということで放置。ドル円が下がってることによる連れ安かね。

・・・・・・ほんとに大丈夫なのか・・・・・・?(豪ドル単体で死んでるらしい)

ポンドドル

個人的にちょっと気になってるのがこのポンドドルの三角持ち合い。これを下に抜けそうなタイミングでドル高が来るなら、週足ラインもぶちぬいてくれるかなあと。

111円に利食いが溜まってるらしい

ドル円は1.5枚ロングで持ってるので、このへんの売り圧によって下がる可能性は高い。

OANDAのオーダーブックを見ても、結構な売りオーダーがあるようにも見える。
この売りはどうやら利食いが大半だそう。

新規ポジションじゃないということは、焼かれるようなポジションでもないと見るに、僕もはやめに売って、押し目狙いで回転させたほうがいいのかもなあなんて思ったり。

00:30 豪ドル利切り(+640円)

謎に豪ドルが弱く、株価との相関が崩れた感するので、逃げられる時に逃げることにした。

ドルインデックスが調整か

ドルインデックスがいい動きしてる。ここで調整してくれると戻り売りがしやすい。ドル円が揉み合いになればロングしたいし、そうでなければユーロドルのショートを狙いたいところ。

願わくば、直近安値まで引っ張りたい。スイングで取るならドル円とユーロドルかなあ、って感じ。

そう、気づいたんだけど、スイングってファンダメンタルの根拠がないと成立しないなって。だから、ファンダメンタルの根拠がある方向にスイングポジションを持ち、そうでないデイトレはテクニカルで15分足で見える範囲とかで狙っていく、みたいなのがいいんじゃないかなと。

0:48ドル円売(3枚)

例えばドル円。こういう「揉み合い→ブレイク→ワンタッチ」という流れが観測できる場合は、刹那的に短期トレードをする、といった戦略が立てられる。
つまり、ファンダ根拠のスイングと、デイトレは分けて考えよう、っていうのはあんまり今までにはなかった感じである。

ここからロングを仕込むのは正直遅いしリスクの塊ではあるが、明らかに長期的には上目線なのでショートは持ちたくないんですよね。
でも、テクニカルはこんな感じに下方向を示唆している・・・・・・って時、両建てにはなるけどショートを獲りに行く、ってのは正しいと思う。

ちなみにこれなんですけど、根拠はこの三角持ち合いに対するブレイクワンタッチ+デイリーピボットですね。もっといえば移動平均線とかあるけど、これぐらい材料が揃えば確度はそれなりにあるかなと。

指値は110.42

この水平線まで持っていけたらベストかなって感じ。怪しそうなら切る。

1:32 利切り(+120円)

こういうエントリーでナイアガラが起きない場合、待ってても無駄なので逃げる。ここでホールドする選択するのが今までの敗因なんじゃないかな。
あくまでもデイトレはブレイクを狙うのであって、長期的な上げ・下げ期待をするトレードじゃないと思う。それはスイングでやるべき。

ポンドオージーも香ばしい

ということで、チャートを眺めてたらこれまた香ばしいチャートを見つけた。水平線がきれいにハマっており、下降トレンドの最中。
下に抜けたらブレイクワンタッチでトレンドラインが生きるし、上に抜けてもおもしろそう。

深夜2時前という時間帯がちょっとイヤだが、ワンタッチが狙えるなら狙いたいかも。
デイリーピボットR1の壁が気になる。

2:00 まず打診売り(1枚)

ポンドオージーはボラが高すぎて戻ってこないパターンもありうるので、1枚だけ先に入っておく。
この水平線が底堅そうなら損切りだし、このままナイアガラが発生したら儲けものだし、一旦戻ってきて落ちる素振りを見せたら本チャンで入る、って感じ。

2:05 2枚追加

一旦ちょこん、って上に上がったものの、結果下がったのを見ていけると判断、全突っ込み。ちょっと性急だったかなあ・・・・・・?
この後のモメンタムを見つつ、利確するか損切りするか見定めたい。

勢いがびみょいが…(含み益1pips)

一応バンドウォークはしてるけど、もっと損切り巻き込むかなあと思ってた・・・・・・
でも確かにこの水平線、そんな直近でバチバチに意識されたかっていわれると、そこまででもないし注文は溜まってないのか・・・・・・。

とはいえ、トレンドラインの優位性、そして一応直近でダブルトップっぽい形(苦しいか…?)にも見えるので、まだホールドしておく。

一応含み益は3pipsに

一応流れは順調だが・・・・・・。なんかなあ、勢い足らない感するんだよなあ・・・・・・。
でもこのバンドウォークが続いている限りはホールド、なんかやな空気したら決済、みたいな感じで見ることにする。

2:19 気に入らないので利切り(+622円)

動きがスムーズじゃないので、ブレイクじゃないと判断し撤退。まあこの下降三角の形を見るなら、上のトレンドラインから入るべきだしね。入るのが遅かった。

まあどっちにしろ、損切りを巻き込んだ動きじゃなさそうだし、安全に撤退しよう。今日のトレードはこれでおわり。

感想

撤退しかしてない1日だけど、損切りしてないという点では優秀かなと。とりあえず4月は、スイングと短期トレードの使い分けを意識して立ち回っていくとどういうパフォーマンスになるのか、というのを見ていきたいと思う。