6月第四週まとめ

保有ポジション

保有ポジションはYJFXに残してるドルフランのみです。テーパリング、利上げ関連のドル高が来たらどうせプラスになるので、それまではキャリートレードでいいやということでプラ転するのは年末とかの見込みでいいやと思ってます。
フラン関連でよくないニュース(フランにとってプラスのニュース)が流れてきたら切るかも知れないですけど。

スワップ収益はこんな感じです。3ヶ月ホールドして3000円は割に合わないですね(笑)
一応解消したさはあるので建値に指値置いてます。まあまだ100pipsぐらいあるので触れることはないでしょう。

米株

SKEW

スキュー指数が過去最高値を更新。下落リスクを警戒している投資家が多いことを表している。
事実、S&P500は史上最高値をゆるく更新していることもあり、いよいよか?といった感じ。とはいえ、まだVIXは15とかなのでブラックスワンの出現はもう少し先だとは思う。

つまり、ドル高方向のポジションを仕込みにかかりたい。そういう局面かといった感じ。

S&P

明らかに上昇の勢いが鈍ってるのが面白い。まあここで株が上がるの、ダメ押しとしか思えないからな。ここから大きく上がるイメージはよほどの材料が出てこない限りないので、株の目線は下。

ナスダック

バンドウォークしてる勢いの強さが気になる。こちらも史上最高値更新してるが、金曜は陰線でフィニッシュ。
一旦下落しそうだが、水平線にサポートされるかどうかが焦点か。

ダウ

上昇チャネルに対してブレイクワンタッチしに来ている段階。下落のタイミングを見るにはテクニカル的に一番見やすい位置。
とりあえず水平線のサポートを受けて上昇しているが、このまま最高値を更新していくのかどうか、って感じ。

とはいえ、株はもう少し上がるとは思うんですよね。このダウでいうと、ワンタッチの2回目を目指す動きが想定シナリオ。

週足でみると、20週SMAにものの見事にサポートされて大陽線になってるが、包み足ではない。つまりこの上昇はそこまで勢いのあるものでもない。

日経

日経も堅調。月足チャネルにブレイクワンタッチの2回目。これを下に割るまでは目線は上でいい。
週足のトレンドラインを下に割ってワンタッチの後、横ばいが続いてるもののこいつの傾きがそもそも強いので、レンジ相場っぽく見てる。ボリンジャーバンドもスクイーズしてる。

日足。まあこれをどう抜けるかに因るかな。上に行くなら円安傾向かも(でも結局米株が優先されそう)
もちろん下に行きかねないので、その時は円高。

ゴールド

週足は陽線で確定したものの、勢いが弱すぎる。週足の雲にギリ支えられてる、ってレベル。依然としてマーケットはドル高警戒している。

とりあえず現状は何もわからないので静観するしかないが、この感じだと水平線を下に割ってワンタッチ→下落トレンド継続、というのがメインかな。

まとめると

米株は目線は下だが短期的には依然としてまだ上→しばらくドル安・円安は続くので、折を見てドル高ポジションを仕込みたい。
逆に、すぐに下に行くことがあってもどうせある程度の買い支えはあるだろうし、FRBがそれを避けたがってるので落ち着いて見守る感じか。FRBにとってのベストシナリオは、ゆるやかな下落かヨコヨコ推移。つまり暴落が起きなければいい(=雇用に影響がでなければいい)って感じだと思うんだよね。

株が暴落しない限りは円安なので、理想はドル円のロング仕込み。次いでクロス円のロング仕込み。ドルストレートのショートはもうちょっと先の方がいいと思うけど、ロングはもう狙えない水準かなあ。やることなさそう。

とりあえずメイン戦略はドル高警戒のフェーズに入りつつあるので、少しずつ仕込んでいこうかなといった感じ。

通貨インデックス

ドルインデックス

週足の水平線を少し下に移動。ヒゲ先で当たってるポイント意識。

そして日足で微調整。明らかにここで買い支えが入ってるので、目先のターゲットとしてはこのあたりで買いを仕込みたい。

日足の雲は抜けてるが、20日SMAがまだ追いついてないので、次週はドル高ポジションの仕込み場という認識。まだ上には行かないと思うし、行っても大したことないだろう。あと週足の雲にも阻まれつつある。

逆に、希望的観測としては月末フローで大きくドル安になってくれれば買いやすい。日足の雲に再突入するのは気に入らないが、下降チャネルにいい感じにハマってくれる。

ドルに関していうと、大きく動くまでは上にも下にもリスクがあるなといった感じなので、あまり触れないかなといった感覚。
今月の目標は既に達してるわけだし、欲張らず静観したい。

週足。結局はザコ通貨である味方は変わらん。どこまで落ちる気なんだ?
とはいえ円安は企業にとってプラスなので、日経の上げ→さらなる円安も期待できるのかもな。とりあえず日経バブルが起きるまでは利上げもしないんだろうし。

重要な水平線も下に割ったわけだし、20日SMAに接したら全力売りしたいですね。今度は置いてかないで(笑)

ユーロ

雲・チャネルに支えられ上に行きたがってるが、なかなか水平線を超えられないし、勢いもない。やはりドル高警戒によるユーロ安か。

ユーロもちと方向感わからんから静観かなあ・・・・・・。売ってもいいけどここから大きく下がるっていうのは微妙・・・・・・。
とはいえ上がる理由もないし、日足の雲にレジスタンスを受けてる。動きがわからん。とりあえず20日SMAが到着するまで待ちか。

ポンド

利上げ観測が後退したことにより一方的に弱いって感じか。各種SMAを下に割ってるので目線は下だが、どっちかというと今までが強すぎたことによるポジション整理の可能性も。

日足の雲にもレジスタンス受けてるみたいですね。20日SMAが上に近づいてるけど、それまでは微妙な展開が続くんかな。
日足で見るとそんなに方向感がない。あるとしたら、三尊の右肩を作りに上昇しに行くとか?

豪ドル

三尊へのブレイクワンタッチを試しにきてる過程にまだ居ると信じたいが、まあ形は弱い感じ。下に週足の雲、月足の雲(ちと薄い?)があるのが注目ポイントか。
目先のゴールドが弱いのも不安要素。このままじりじり上げて下げるのがメインシナリオか。

水平線の基準をすこし上げた。狙い目は直近安値と20日SMAがクロスするタイミングか。
とはいえ豪ドル売りが光るのってドルストなのかクロス円なのかって言われると微妙なので、ポンドオージーあたりを狙った方がいいのかも。

フラン

ひじょーーーーにきれいなチャネルにハマっている。20日SMAに接するタイミングを見て戻り売りを狙いたいが、気持ちいい水平線が引けるわけでもないのでちとリスキーか。まあドルフランは既に持ってるし、いいチャートパターンが出れば、みたいなとこはある。

まとめると

ドル

20日SMA水準まで下がってくれれば買いたいが、現状は買う材料に乏しい。売りは水平線が怖いのでナシ。

20日SMAとチャネルの上端が接しており、下降三角の形でもあるのでそこまで戻れば全力売りがしたい。買う材料はない。
ユーロ→20日SMAの水準まで上がってきたら売りたいが遠い。月末フローでユーロドルが1.2まで行くような事故が発生したら話は別。動きがないと触れない。

ポンド

三尊の右肩を作りに上昇する動きはアリ。ファンダ的には上にも下にもどっちとも取れる情勢。
利上げ期待が継続なら上だが、利上げはしないというアナウンスがあった直後なのでやはり目線は下か。テクニカル的には調整上げがあってもいい(他通貨ペアと比べると上昇余地はある)が、どっちかというと戻り売りの方が理にかなってるしなあ・・・・・・。

豪ドル

20日SMAと水平線がクロスしている絶好の売り場が待ち構えているので、優先的に売りたい。問題は組み合わせたい通貨ペアがないこと。
とはいえ形としてわかりやすい=損切りしやすいので来週のメイン戦略になる。

フラン

20日SMAが遠く、日足チャネルの中央線に反発した後なので、調整上げが期待できる。唯一わかりやすく上げてくれそう。
とはいえ豪ドルフランってトレードしたことないけどどうなんだ?という懸念点はある。

ドルストレート

ドル円

鬼のように強い。円安要因での上昇なのがちと気になるところ。
一応しれっと110.2あたりに指値仕込んでたりした。

まあ依然として底堅いし買わない理由が基本的にないので110.2あたり(20日SMA水準)での押し目買いを狙う。月末フローでの下げを期待。
脳死で買ってもいいが、下落リスクを許容できないので、きちんと落ちてくるまで待ち。買えなかったら買えなかったでいい。

ユーロドル

さて、いつこの上昇チャネルを下にブレイクするかなといった地合い。1.2あたりでショートを仕込みたいがなかなか上がってくれない。
月末のユーロ高に期待するしかない。

買い圧も売り圧もひどいのでもみ合いが続く。ファンダ的には下、テクニカル的には上なのでポジポジ厳禁って感じ。個人的にはもうトレードしたくない。

見えてなかったけど、反転したポイントに日足の雲まで居たのか。気づけば良かったな。
このミスをなくすためにも今後は日足の雲に水平線を引くことにした。さすがにこれは気づくべきだった。

4時間足20SMAを大きく下ヒゲをつけて、現状辛うじてサポートされている状態にも見えるが、ブレイクにも見える。要するに根拠が立てられないのでトレードできない。

ポンドドル

月足の雲にものの見事にサポートされての上昇だが、ちと上ヒゲが長い。三尊を作りに行くようであればショートしたい、ぐらいの気持ち。要するにそんな上昇するとは思ってないのでこれ根拠にロングはしたくない。

ってかトレンドラインと月足の雲クロスしてたんか・・・・・・。そりゃここで反転するよなあ。時間軸落とすとうまいこと表示されないんですよねえ。

日足で見ると、今度は日足の雲がレジスタンスになっている動き。結局のところ20日SMAが到着するまではなんとも言えない。トレードしたくないペア。

オージードル

月足・週足の雲があるポイントで反発。なるほどねえ。
ダブルトップなのか三尊なのかわからんが、こいつへのワンタッチを狙いにいく動きか。
豪ドルは優先的に売りたい形という戦略なので、可能なら早めにショートを仕込んでいきたい。

日足。20日SMA、13週SMAなんかが迫ってきてたりする。0.76〜0.77水準でショートを少しずつ仕込みたいところ。

結局0.76に溜まってる損切りを食えなかったんですよね。それだけ売り圧が強いということか。
まあまだ大きく上がるかも知れないので様子見。焦ってショートを仕込むとその損切りラッシュに巻き込まれてメンタルによくないんでね。

ドルフラン

調整の下げ。いい感じのとこでショートしたい。下ヒゲが13週SMAに反応してますね。

日足は雲に挟まれて身動きができない状態。0.905まで下がってくるとテクニカル的には美しいが、含み損が増大するのでやめてほしい(笑)
まあこのペアも20日SMAが到着するまで待ちのターン。

ドルストレートまとめ

全体的に方向感がなくトレードしづらい。やるとしたらオージードルのショート仕込みかなあ。
月末フローで大きくドル安になることがあればチャンスなので、そうなった時のために指値をばらまくのはありか。特にポンドとか、月末のポンド買いがあるかもしれない。

クロス円

明らかな押し目があったら買いだけど、なんかいまさら遅いんだよなぁ。たぶんトレードしなさそうだけど。

ユーロ円

週足で見ると、下ヒゲが出てるもののきれいにチャネルに収まってる。

雲でサポートされているうちは上目線っちゃそーなんだけど、このタイミングで買うか?って言われたらなあ。チャネルにブレイクワンタッチして下がってるのも気になる。よってトレードできない。

ポンド円

この月足のトレンドラインに遮られて重い。まだ辛うじて13週SMAの上に居るけど。
かといって円を買うのかって言われるとアレなんだけど、そうなるとポンドは下目線?

まあ一応監視はするけど、買いたくはならないかな。月末のポンド買いで赤のトレンドラインをまた上に抜けるも、結局ダブルトップみたいな形になって下落みたいな流れなんじゃないかな。
そうなった時、上でポンドドルのショートを叩く感じ。少なくともポンド円を敢えてトレードする理由が思いつかない。

豪ドル円

月足の雲に入ったが、ダマシとなって抜けるかどうかみたいなとこある。13週SMA、上昇チャネル中央線のレジスタンスもある。

まあもし円高になるんなら売りたい形してるけどね。直近安値と雲の下端が一致してるわけだし。おまけに月足の雲もいる。豪ドルはそもそも下目線なわけだから、テクニカルが揃えば売ってもいいかな。でもクロス円よりかはドルスト推しなのでうーん。

フラン円は省略。あんまやる気しない(笑)

その他通貨ペア

ユーロポンド

月足のチャネルを微調整したら、ブレイクワンタッチの形になる。

じゃあこの形を見てどう思うか、っていう話になる。きれいなブレイクワンタッチなので、ここで買うという選択肢は怪しい。
じゃあショートか?ってのも微妙。日足レベルのテクニカルが欲しい。スクイーズ気味なので大きく動くかも。

ま、お触り厳禁だけどチャンスに見える。どっちに抜けるか。

ユーロオージー

紛らわしいので月足のトレンドラインを消した。一応の目線を上にする。ただ、中短期だとどう動くか全くわからない。

ここで勝負をしかけるなら買うのはアリ。
月末のユーロ買い+日足水平線+月足トレンドラインを結局上に反発+薄いけど日足の雲と材料が揃ってる。

ちとボラが高いので指値は深めに待ち構えてトレードするのはアリ。

4時間足のこのチャネルにワンタッチして下がってくるのを待つ、って感じかな。来週にその時が訪れるかわからんからちょっとノーチャン気味か。

ポンドオージー

月足レベルの三角持ち合いなうだけど、サイズ的に全然上にいけますね。

とはいえ、週足に落としてみると上値の重さは少し気になる。

とはいえポンドが下がってきてくれたおかげで買い場が到来している。ここはめちゃめちゃ買いたい。もうちょっと押してくれれば・・・・・・!

ユーロフラン

チャネル的には買える形か。

過去の水平線にチャレンジしており、これまた買いやすい。もしかしてユーロは買いなのか?20日SMAと水平線の水準も重なっており、うーんこれはチャンス到来かも知れん。フラン売りも理にかなってる。

1時間足だとこういうチャネルが定義できる。まずは水平線、次にチャネルを上に抜けた時がチャンスか。全体的にユーロ買いの機運を感じます。

オージーフランもいい感じにサポート受けてるしね。まあポンドフランは微妙な感じしてるからなんともだけど。

まとめると

ユーロオージー、ポンドオージー、ユーロフランあたりをロングする指値をばら撒きたい。

とりあえず指値設置

ポンドオージーだけ指値を置いておく。ユーロに関してはまだちと遠いので保留。

ゆーーーーて80pips下だし、約定するとは思ってないけど、ワンチャン狙いで(笑)
根拠としてはマンスリーピボットですね。ここまで掘るなら買ってもいいかなと。反発ラインにきたら少しずつ指値を上にずらしていこうかなと思います。

まー、似たようなこと考えてる人多そうですね。週明け窓が閉まるようであればこのあたりに指値を追加で仕込もうと思う。
米株はまだ強いだろうし、ゴールド高→豪ドル高という流れにはならないとは思う。ドルスト・クロス円ともに触りづらいので来週の遊び場はこのあたりかな。