7月第二週まとめ

保有ポジション

カジュアルな地獄。助けてくれ(笑)(笑)(笑)

不意にリスクオフ相場に転換してしまった可能性があるが、この流れが月末のFOMCまで続くのか、続かないのか、それともFOMCを無風通過しこのまま下落していくのか。
とりあえず、やるにしても中短期メインでトレードする感じになるんだろうなとは思います。割とレンジ相場意識というか。

フランに関しては依然として塩漬けでいいとは思ってる(というか超長期ポジション化したしどうしようもない、が近い)んですけど、ドル円については110円という明確なボーダーがあるので、そこから上にいる限りは基本的には手を付けず、下に割っていくようであれば強めの売りをぶつけてポジションを救済しにかかる、そんなオペレーションを想定しています。
まあ反省は後でしますけど、目先はこのドル円のポジションをなんとかしつつ、余力があればデイトレをしていきたい、そんな感じですね。

結局元気ですね、って感じ・・・・・・。とりあえず重要なトレンドラインの類はいまのとこ定義してないので

とりあえず株暴落→円高リスクオフの線はこれである程度は切れそうです。ってかリスクオフならドル高にならないのかなと思ったんですけど、実質金利を考えたらドルより円を買いたい人の方が多いということなんだろうか・・・・・・。わからんよねえ・・・・・・。

インデックス

ドル

ドルは、調整局面が始まったかなあといった感じ。どこまで調整するかはわからないけど、ここで考えられるのは20日SMAに反発するか否か?が焦点。
20日SMAに反発する動きを見せるようであればここから上昇だし、割って下落していくようであれば、トレンドラインに沿ったじり下げ横ばいレンジ相場が始まり、来るドル高に対する時間調整か、って感じ。なんかこれが一番それっぽいんだけど・・・・・・。

そこから更に下落していく、つまりトレンドラインへの実態回帰パターンだけど、これは・・・・・・何かしらのドル売り要因が出ないとなあ、って感じ。そうなったらそうなったでその時考えますが、まあドルは敢えて触んなくてもいいかなといった感じ。MACDもデッドクロスしてるし、上がるにしてもちょっと溜めが足らない形。

ユーロ

健全な調整を見るのであれば、週足チャネルへのブレイクワンタッチのタイミングが20日SMAと一致するかもなので、そのあたりの水準で売りたい。つまり今は引きつけるタイミング・・・・・・って感じ。

円はここで売り圧が働かなければ終わりみたいなとこにいるんですが、どうなんだろうな。まあ結局はよくわからんけど、デルタ株・中国経済あたりの不安要素からの円買い、というのを支持するとしたらやはり買い目線にはなるのだろうか。引き続き動向を見たい。

ポンド

結局こういうラインが意識されてるのね。ポンドは現状買う理由も売られる理由もあんまないというか、よくわからんのでテクニカルで考えると、このチャネルが効き続けている限りは目線は上、つまり買いを狙いたいところ。

豪ドル

結局弱い形ということで目線は完全に売りだが、週足の雲が鬱陶しい形。

とはいえ、トレンドライン的に考えるとちょっと売りが溜まりすぎている感じ。調整待ったほうがいいのかなあ。

フラン

日足のMACDがゴールデンクロスしている。まあめっちゃ売られてたし健全な調整を期待する。

この日足のトレンドラインを上に抜けるとかそういう事故じゃない限りはもう静観するしかない。どっちにしろ救えないのだから・・・・・・(笑)

まとめると

ドル→どちらかといえば売りだが、正直動きはどっちつかずになりそう。
ユーロ→引きつけて売りたい形。それまで待機。
円→どっちかというと買いだけど、ちと様子見した方がいいかも。
ポンド→20日SMAに到達するまでは買い。
豪ドル→売りたいが待ちか?
フラン→何もすることはないね。

インデックス的にはポンドの買いが一番やりやすそうなので、ユーロポンドの売り、ポンドドルの買いあたりが狙えそうか。ポンドオージーはなあ…結局下がってくれないしなあ。
クロス円についてはテクニカルで見てあげたい。

通貨ペア

ドル円

なんかFOMCまで110円近辺でうろうろすることになるんじゃね???みたいなのが第一感。
その時の空気感が景気後退不安であれば、パウエルさんはそれを落ち着かせるためにインフレは進んでいると言うだろうし、過熱感があればインフレは一時的となだめる発言をするんじゃなかろうか。

とはいえ、テーパリング示唆というビッグイベントはもう消化してしまったし、マーケットがいま何を期待しているかだよね。まあデルタ株がどうなるかが焦点になるのかなあ。まあそんなとこか。

検索してみたらこんな記事があった。とりあえずこいつに関連したワクチントレードがまたどっかの国で始まるのかなあみたいな感じ。歴史に習えばポンドではある。

まあ要すると、ドル円に関してはどうせ方向感なんて出ないだろと思ってる。スプレッドの狭さを生かした短期トレードで遊ぼうかなとは思ってる。

ユーロドル

まあ当たり前だけどドルインデックスと同じ形になっている。逆三尊の可能性も踏まえて上昇することも視野に入れてもいいが・・・・・・。

とりあえずは1.192がターゲット。このまま逆三尊の形になるのであれば4時間足20SMAあたりの水準で買うのはアリ→ドル安想定。
チャネル内の推移としては健康的なので、ドル高一辺倒な空気感が崩れた今、ロングは別にアリなんじゃないかなとは思う。値幅そんなに抜けなさそうだけど。

ポンドドル

週足が香ばしそうな形をしている・・・・・・。しばらくは三尊形成を見つつ計画を立てたい。

日足はMACDがゴールデンクロス。

ここで4時間足を見ると、1.39水準で反発しそうな形。20SMAもあるし。
その後水平線の水準まで落ちてくれればダブルボトムっぽい形になって非常に買いやすい。優先的に狙っていきたい形ですね。

オージードル

結局弱い形なんだが、月足トレンドラインに何回もタッチしに来てんのなんなんだ????って感じ。

上がるべきところで上がってるのは確か。このあたりの水準でいろいろ連動してる、って今後は考えても良さそうか。つまり今は圧倒的にドル安の空気感。
とはいえ豪ドルを書いたいかという話にはなるけど、どうなんだろう・・・・・・。

まあ、チャネル的には買ってもいいけど、ポンドオージーがよほどひどい状況じゃなきゃポンドの方を買いたいよな、って感じ。

ドルフラン

まあ別に健全な調整って思ってるからこの水準ならまだいいけど・・・・・・。ヨコヨコ推移してパワー溜めてくれって感じ・・・・・・。

間違っても0.905水準まで落ちてほしくはないが、嫌な空気はする・・・・・・。

とはいえ、そこまで落ちたら逆にナンピンしたくなるような位置なのは確か。まあ様子見だよなあ。しばらくは下がると思う。甘んじて受け入れるしかない。
いや、だったら損切れという話でもあるが……3万で済んでるうちに撤退するのが正しいのか・・・・・・?うーん・・・・・・。

ユーロ円

週足で見ると、ついにこの時が来た、って感じ。たぶんどのクロス円もこんな感じだったような気がするし、これがリスペクトされるのであればしばらくは円高になるかな。ダマシになるかどうかだね。

ユーロドルが引きつけて売り、という観点でいくのなら、一旦はこのチャネルを上に抜けるも、日足の雲、水平線が居る131.2水準まで上がってくるのか?といった感じ。あるいは水色水平線とチャネルがリスペクトされるのか・・・・・・。

とりあえず上がるならポジションを持ちたい。下がったら知らん。

ポンド円

ポンドは上がるという相場観で、円はどちらかというと上がるって考えている以上、であれば来る円安に備えての買い場を待つということになってしまう。一応、まだ月足トレンドラインでせめぎあってる状態。

とはいえ、なんかできる形かって言われたら微妙なんだけど。水平線まで下がったら考えてもいいけど、逆三尊にしては形が極端すぎるし、なんかあんまり…触りたくならないなあ。

豪ドル円

結局月足の雲に突入したので、現状は下目線。

で、日足ですね。まあ売りたい形してるけど、週足トレンドラインまで近いって考えると、もうちょっと上で待ち構えたいかも。20日SMAが来てくれるし。83円の水準はなかなかにアツそうなので狙っていきたい。

4時間足で見ると、なるほどですね、って感じです。この三角持ち合いへのブレイクワンタッチ狙い・・・・・・でもいいんですけど、にしてはもう下がりきっちゃったので期待は薄いか?個人的には上がって欲しいかな。

フラン円

久々に見ましたねこのチャート。まあ相変わらずよーわからん。

んで、よく見ると超絶チャンスタイムが到来している。20SMAと水平線の水準に到達している。

しかもこれ、4時間足で見るとめちゃめちゃキレイな三角持ち合い。クロス円が下方向という相場観にも合っているし、リスクオフ絡みならだいたいフランと円は似たような方向に動くので、突発的な動きに左右されにくい地合い。そもそもボラそんな高くないペアだしね。
これはもうこの時点で指値置いてもいいかも。置くか。

1時間足なんかもうRSIが高値圏に突入してる→ここから爆上がりするとは考えづらい。

ということでこういう注文にした。とりあえず近いラインで大きくロットを張り、水平線までもし行くようなことがあればそこでちょっと積み増ししようかなと。そういう魂胆。
損切りはここを明確に上に行くような動きを見せた時。

ユーロポンド

買うなら仕込み場ではあるが・・・・・・。

これ見てトレードする気にはなれない。一応ダブルボトムの形だが、ユーロ安ポンド高な相場観をは相反するし、結局チャネルに回帰してる形だし流れを見守りたい。

・・・・・・が、下に行ったら美味しそうな展開なので、目線は下にする。

0.85の買いオーダーのこなしかたが重要そうなので、売るにしても一旦その買いオーダーを消化するまでは静観の流れですね。捕まってるロングも多く、戻り売りの勢いが強そうであればこれは一気に走るし、僕の相場観と一致する流れ。つまりインデックス、ドルストレートとの関連性も取れる。

今すぐポジションは持てないが準備はしておきたい。とはいえ上に行く可能性もオーダーブックを見てると充分ありそう。売り圧が弱いんだよな・・・・・・。

ユーロオージー

うわこれ絶対三角持ち合いじゃん・・・・・・。

結局きれーーーーーーーーーに反発してますね。相場が動いたタイミングでこういう連動に気づけないの、弱点だなあって感じ・・・・・・。

まあ、きれいなチャネルは定義できないし、なんもできないチャートかな。

ポンドオージー

抜けて欲しいラインを抜けつつある。やはりポンド強し。

と、それはいいんだが、やっぱもーちょい健全な調整をして頂けると、って感じですね・・・・・・。ここで買いたくはならない・・・・・・。
かといって売るかって言われても、こう何回も水平線にチャレンジして、なんなら高値更新してるし、豪ドルが高くなんのか?ってのも怪しいし、触りたくない。

ユーロフラン

よええwwwwww

フラン買いに乗じるのはアリかもだけど、チャネル的に下限だしって考えるとやりづらい。もうちょっと動き見て考えようかな・・・・・・。

まとめると

ドル円→わからん。円次第じゃない?
ユーロドル→引きつけて売りたい。
ポンドドル→引きつけて買いたい。
オージードル→どちらかといえば買いだが、敢えて取引する理由はないような。
ドルフラン→下がりきったら買いだが、まあ何もできないよね。
ユーロ円→131.2まで引きつけて売りたい。
ポンド円→あんまやる気しない…
豪ドル円→83円で売り。
フラン円→売りチャンス。既に仕込んだ。
ユーロポンド→注視。0.85まで落ちてきたらチャンス。
ユーロオージー→放置。
ポンドオージー→放置。
ユーロフラン→売りたい気もするが静観。

まあそんな感じかな・・・・・・。