2021/6/9(水) トレード振り返り(収益:+98円)

保有ポジション

ユーロドルの1.5発だけまだ持ってるって感じだが、正直プラマイゼロで決済して様子見たほうがいいんじゃないかなみたいな気持ちも。

ドルは先行き不透明

ドルは厳しい展開になってきた。一応大枠の目線は上だが、下落リスクは依然として高い。

20日SMAを結局上抜けすることができておらず、短期的にはまだ下で見ていいと思う。
89水準まで落ちるのかこのまま横ばいになるのか、それとももっと下に落ちてしまうのかわからんが、来週のFOMCまでは不用意なポジションは持てないなという印象。

こういう情報もあって、なるほどなあといった感じです。FOMCで答えは出るのでしょうが、ドル高の盲信は危険なのかも知れない。

まあ・・・・・・ここでドル離れなんかが起きたらいよいよフランが死んで損切りポイントに到達するからアレなんですけど・・・・・・。
っていうかまじでフランが買われてるのって安全通貨だからなのか?金利も低いのになんでこんなずっと買われてるんだろ。やはりマーケット不安によるフラン買いという大きな流れに逆らえてないだけなのか?

ここでドル買い起きてダブルボトムを作ってくれないと、もう上昇期待は捨てたほうがいいかもみたいな話になってくるんだよなあ。でもそれはただの願望なので、引き続き監視する。

とはいえ、ドルストが不透明で、クロス円もよくわかんないしかつ他の通貨ペアもなんか微妙な動きなのであれば今は待ちのターンかな。

一応円インデックス

円高方向に見ていたが、20日SMAのレジスタンスに遭っているということで目線は下、やはりクロス円は底堅いのか?という印象。
このトレンドラインを上に抜ければ円高、下にいる限りは円安と考えてもいいが、いい位置ではない限りクロス円も今は触るべきじゃないかな。

ということで、今日はやるとしてもドル円とユーロドルで短期トレードみたいな日になりそうですね。とりあえずロンドンタイムまで待機かな。

豪ドル円(買) 84.9×1 84.8×1.5 84.7×1.5(損切り84.0)

長いことレンジになってるけど20日SMA、4時間足20SMAというサポートがあるレンジ下限、三角持ち合い下限からの上昇過程ということでレンジの底から拾っていくことに。もうこのレンジそ完全に下に抜いたら意味がない(走っちゃう)ので損切りは近めに最初から置いておく。

短期のトレンドライン(黄色)を上に抜けたタイミングで入ったほうが安全ではあるかなあとか思ったんだが・・・・・・うーん。

とりあえず下で拾えたのでポジション整理

なんかあんまりいい動きしなかったので、約定した3つの注文のうち、条件の悪いエントリー×2を利切り撤退。

一回下にちょっと掘ってヒヤっとしたのでね。84.67の玉が約定してるので、それをホールドすることを選択。
上に行くならガチホできるし、下に行っても84で損切り注文を入れてる(-7pipsで1000円弱ぐらい)なのでリスクリワードがいい。

いいところで買えてるので、もし上に行けば黄色のトレンドラインを見て追撃買いを試みたいところ。

豪ドル円は上抜けしそう

とりあえず重要なトレンドラインは上に抜けたので、この先どう動くか、というのを考えることになる。
というより、追撃をするのか、レンジの中で取っていくかという話ですね。

オージードルが上に行きそうなのであれば追撃をしたい形ではある。

4時間足を見ると、一応各種SMAに板挟みにあっており、まあ苦しい状態である。
MACDもデッドクロスっぽくなってて雰囲気はあまりよろしくないですね。

ただ、ここでドル安進行になると、ピンクのトレンドラインに対するブレイクワンタッチがリスペクトされることになる。
そうでなければ逆三尊を作りに一旦掘る形になるか。ちょっとはっきりとはわからない形なので触らないのがベストって感じがします。

つまりこのオージードルの形を見る限りは・・・・・・

①ドル安ならばオージードルが上へ→ドル安&円安期待
②ドル高であれば逆三尊狙い→豪ドルは一旦下がる(下手な追撃はしたくない)

という図式は成り立つ。

ユーロオージー

一方、ユーロオージーの形を見てみる(4時間足)と、形が激弱である。考えられる抵抗がすべて上にあるので、これは逆三尊の形成に失敗するパターンの可能性が高い。つまり豪ドル高。

15分足を見ても垂れてきているし、逆三尊を作りに行くような動きでもない。
どちらかというと、ピボットとSMAがクロスするような位置に来たら売りを仕掛けたい形。

16:01 ユーロドル撤退(+196円)

ということでユーロ高になるかどうかわからなくなったので、ホールドしてたポジションを撤退しておく。
一応ファンダの根拠はあるが、自分の中に絶対的な自信があるかと言われるとないので、再び機を伺うことにする。当初とチャートの形変わっちゃったしね。

ユーロオージー(売) 1.5731×1.5 1.5732×1.5

見てたらなんか走って逝っちゃったのであんま期待してないが、ピボットの位置でレジサポ転換(三尊からのブレイクワンタッチ)になるタイミングで4時間足20SMA、1時間足20SMA、15分足20SMAとかが来るかなあ(ついでにいうと20日SMAはいまちょうどピボットと重なっている)という激つよテクニカルになるので、これは完全にテクニカル根拠で指値を置く。

トレンドライン引くとしたらこんな感じかなあ。まあとりあえず様子見。

ユーロオージー3発約定

なんか知らんまに約定してた。

水平線をちょっと上に上げて訂正。こっちが意識されてるっぽい。逆三尊崩れになるのかなあと思ってるけど、果たして・・・・・・。

ちなみに豪ドル円もユーロドルも(もう決済したけど)含み益になってて、つまりドル安<円安って感じか。うーん・・・・・・ドル円を下で買いたいと思ってたんだけど買い場をくれない展開なのか・・・・・・?

豪ドル円

豪ドル円に関してはいい流れが来てる。ストップロスも既に置いたので放置で良さそう。

レンジ上端で決済したい気持ちもあるけどどうしようかな。

仮に上に行くとしたらそれなりに吹きそうだし、その期待を込めてホールドかな。このデイリーピボットを超えたらいよいよショート勢がドキドキする展開になりますな。

豪ドル買いってのは個人的にあんましっくり来てないんですけど・・・・・・

やっぱこのインデックスの週足トレンドラインなのかな。

こういうトレンドラインね。

これがリスペクトされてるあいだは豪ドル買い目線でもいいのかな。

ユーロオージー逆指値(-8,288円)

寝てたらえらいことになってた(笑)
起きてたらピボットで反発したあたりで損切りしてたんだけど、まあしゃーなし。

ドル円&豪ドル円決済(+8,090円)

ドル円が約定しててそれなりの含み益になってたので、今回の損失を穴埋めするという意味で利確。
明日のCPI発表でドル高が進む可能性も結構あるが、期待感が大きいゆえに失望売りのリスクが高まる。

①ドル高が加速する→フランが救われるし、ドル円もその方向についていけばいい
②結局ドル安でまたレンジ→下でまた買えばいい

ということで、とりあえず損失をゼロに近づけてリスクを排除する選択に。

ちなみにドル円はこんな感じのチャートです。なかなかグロい形をしています。
おそらく米金利が1.5を割ったことによるものだと思うんですが、NYタイムで買い戻された形になるのかな。

豪ドル円は結局レンジに留まってるわけなんですが、まあ損失の穴埋めをさっさとしたかったので、完全に個人的な事情で決済って感じです。

ドルインデックスは重要なトレンドラインを上に抜けて定着し、ピンクのトレンドラインの中に下ヒゲをつけて実体回帰したので、大きな目線はドル高方向に。

一応、狙うのはピンクのトレンドラインとSMAがクロスするポイント。そのあたりにいいドル高方向の形があれば指値仕込んでおきたいなというビジョン。