2021/7/26(月) ユーロポンド(買)3枚 0.8563(損切り:-8,214円)

エントリー根拠

週間まとめに書いた通り、ロングで入りたい話をしていたところ、安値を切り上げ上昇する過程にいるところ。
1時間足の20SMAを明確に上に抜いてきたので、スイングエントリー。

撤退基準(逆指値0.851:-57pipsにセット済)

テクニカルで入ってるのでテクニカルで切るわけですが、このユーロポンドのロングは、そもそもユーロが弱くポンドが強いという地合いに対する反発を見込んでのものなので、ちょっとスケベロングの類なのは間違いない。

なので、気持ち的にはもしここから伸びるようであれば、ロンドンタイム前に建値ストップを置きたいなという気持ちはある。

この日足のチャネルか、緑の水平線を下に割ったら撤退イメージ。

26(月) 15:21 建値ストップ設置(現在+8pips,+4,000円)

いいところで伸びていきましたね。ロンドンタイム入りで振り落とされるかもだけど、ちと逆張り気味のポジションなので、はやめに建値ストップは置いておく。

20日SMAがいるが、直近で見てもさほど意識されてなさそうな展開なのでここで止まるとはあんまり思ってない。

15:15 逆指値を下げる(0.85450 -18pips)

よくない動きを見せはじめ、ちょっとこれは触れるかもと思ったので逆指値を下げることにした。1時間足20SMAのちょっと下で、直近安値更新ぐらいですね。

だいたいこのあたりまで下がってしまったら、この上昇トレンドにも懐疑的にならざるを得ないけど、その流れが否定されない限りは持っておこうかなと。1時間足20SMAを下に割ってきたら損切りする可能性はある。

18:39 さらに逆指値を下げる(0.853 -33pips) (含み損-6,712円)

動きがヤバそうだけど、もう少し様子を見たい形ということでさらに逆指値を下げる。

19:46 ナンピン3枚(0.85538)

長らくライン上で揉み合った末に上昇して行ったので、日足トレンドラインが効いているということで強気にナンピン。
それに伴って損切り基準が0.855水準に上昇。この上昇が否定されたらこのトレードは終了だと思うことにしている。

この5分足20SMAを一旦上に抜いたことで、下降の勢いが弱まっていることを示す。このまま上に行ってくれたらなあと思ったけど、よくよく見たらこのダブルボトムの形、安値切り下げてますね・・・・・・そこまで見れてなかったな。

20:34 損切り(-8,214円)

悪い流れなのでクローズ。この逆三尊っぽい形をつくりかけてるけど、まあ・・・・・・微妙な流れなのでここは切っておく。