【指値キャンセル】2022/9/27(火) ドル円売144.5円×3

指値をキャンセルした話

結論を言うと、この指値キャンセルは失敗だったという話だけど、自分の判断を見るため、そういうのも含めてちょっと追ってみようと思う。

この144.5というのは、高値を結んだトレンドライン上にある点で、かつ1時間20SMAを一旦下抜けてからの接触、つまり反発機運が高いところが集中しているエリア。
ここに、144.498、144.5、144.502という一点集中の指値をばらまいておき、逆指値を144.6に置いてた。

ただ、妙にモメンタムが強く上昇していったので、モメンタムに逆らうトレードは勝率が低いと考えてる僕は指値を外して安全になることを選んだ。
あと、ファンダの大枠の流れは、介入警戒もあるが依然として上方向(正直、財務省はスムージングがしたいだけなので145円で介入はもうしないと思ってる)し、上に抜けてさらにロングでついていくかっていうと微妙な水準だし、リスクが高いなと。

一方、月末フローはドル安方向だと思ってはいるので、そういう相場観には合ってると思って指値を置いたし、実際介入警戒感はあるとは思ってるんだけど、こういう短期トレードするんだったら下で拾った方が安全だよなあと思ったんですよね・・・・・・。

あと、この144.5という水準で引けそうな水平線にあまり確度を感じなかった(もちろんキリ番なので短期足で見ると意識はされてるが)ので、ここを大きくぶち抜いて145円を目指されると今日の利益が消し飛ぶだけで終わって萎えるし、なんだか欲張った指値のように思えたのでキャンセルを選びました。

で、結果ここを天井にして下に大きく反発していったんだけれども・・・・・・。

ということでこの指値キャンセルは失敗だったと。まあ負けないことが相場では最良なのではあるんですけど、トレードノートを書いてこういうのが多いのであれば僕はもうちょっと自分の指値に自信を持ってもいいのかもなって感じはします。

(追記)22:34

結局上に抜いてた(笑) 指値キャンセルは正解だったかも(笑)

ショートでついていかなかった理由が、まずデイリーピボットがあるからっていうのがあったんですけど、まさにそこに反応して上昇してますね笑

ただ、ここに来て重要な節目で短期でダブルトップができそうでありエントリーするのを悩みます。もっと上なら分かりやすいけど、っていうかなんかドル円って上方向にめちゃめちゃ行きたがってる感するからショートしづらいんだよな・・・・・・。

っていう自分の感覚は大事にしようと思うので、ここでショートはせずもう少し分かりやすいチャートパターンが出たら検討する、ぐらいでいいかな。ここは欲張らずにいこう。