❌2022/9/28(水)20:20 ポンドドル売(1.05617×1)【50万ぐらい損失…笑】

2022年10月22日

はーなにやってんのBOE

さっきのドルフランの乱高下、特殊玉じゃなくてポンドのこれ絡みだったようで。

ポンドを買える材料がまるで皆無なので、売り上がっていく方針に。

とはいえこの水準で売っていくのはテクニカル的には怖いので、弱めのロットに・・・・・・。
なんか最近1枚でしかエントリーできてないですね。まあ踏まれた時怖いポジポジ病ポジションな自覚はあるので、半分遊びとして・・・・・・。

ただこういうヘッドラインが飛んできてしまうと、調整とか待ってられないので売るしかなくなりますよね。

まあ直近安値まで行ったりしたらいいな、と思いつつ月末フローとかNYタイムの巻き戻しとか、そもそも普通に戻って行ったりする可能性もある危険なポジションではある。一応プランとしては、黄色のトレンドラインを抜けるまでは適宜売り増ししていこうとは思っています。

っていうかインフレ抑える気ないのかなあ・・・・・・(笑)

まあ分かりやすくいうとこういうことなんですけど、こういう時は問答無用で売られる傾向があります。
ほんとは僕も即座に売りたかったんですけど、いかんせん月末だし調整待ちの局面だしで迷ったんですけど、ここまで大きく下げるのならついていこうかなと。

メインシナリオはNYタイムでさらに下げてくるんじゃないかと思います。まあ調整が来たら来たでその時考えます。

(20:32)戻ってきましたね

ということで、やはり戻り売りを待つ局面かな。目処としては1.064ぐらいまで戻ってきてくれたら嬉しいし、NYタイム入りの時点でそこまで戻ってくるのならNY勢も売りやすいだろう。
まあそこまで戻るのにだいぶ含み損に耐えなきゃいけなくなるんだけど、1lotだしまあいいかな。もちろんそのまま下げてくれればいいし。

ファンダの後ろ盾もあるわけだし、追撃は3枚ぐらい入れてもいいかなって思ってる。なんにせよNY勢の出方を見たいところ。

21:00 指値を置く(1.06400×1 1.06450×1 1.06500×2)

下降三角のブレイクワンタッチの形になるのでエントリーしやすいかなと。こういうファンダの方向と一致したテクニカルはちょっとロット増やしてもいいなーと。損切りは、明らかにトレンドラインをブレイクしたらでいいかな。たぶんマイナス2万ぐらいになると思う。
思ったよりぱっとした動きにならないのが不穏だけど、やっぱり月末で警戒感が出てるのか、材料出尽くしなのか・・・・・・。まあ確かにこの水準で売るのは調整不足感はある。

だからといってポンド円を売るかっていうとそれもなんか微妙なんだよなあ・・・・・・。

(21:23) 思ったより早くヒットしたな…(1.60400×1約定)

んー、約定しちゃいましたね。このモメンタムはちょっとよろしくないかもと思いつつ、いい水準ではあるからなあ・・・・・・。
まあドルの上下については別に持ってるドルフランで相殺できるわけだし、ここは一先ず静観・・・・・・。

ちょっと下がってきてるけど、たぶんもう1段上行く勢いなんじゃないかなあ。1.065まで約定してNYタイム入りが理想かな。

(21:35) ぶち抜きましたね

すんごい勢いで抜いていきましたね。ここからは含み損に耐えるターンですね。
ここでドル安の流れが来るようであれば仕切り直しだけど、ずるずる横ばいになるなら持っておこうかなと思います。

まあ軽めのロットにしたつもりなんですけど、思ったより損失になってるのがポンドが殺人通貨といわれる所以ですね。
まあでも10万ぐらい損切りになってもいいやぐらいの気持ちで持ってます。いや、それはさすがにきち〜か笑

とりあえず合計5lotですね。あと1時間でNYタイム入りですが、ここで流れが変わるかどうか注目ですね。
15分足20SMAが抜かれちゃったので、思ったより短期の勢いはないみたいです。次に控えてるのが1時間足20SMA、さらにトレンドラインの上に4時間足20SMAが控えてます(まあ逆にここまで来るようであれば切りどころを探す段階かもだけど)

うーん、しかし今走ってる思惑はこれか……? となるとこれはクソポジ化した疑惑はある。まあ様子見するしかないね・・・・・・。

ただ、もしここから下落するのであればその期待が高まってしまうけど、ここで上がるのであれば英中銀は安心しきって修正しないなということにもなるので売りやすくなりそうですね。

ただそれまでこのクソポジを持っておくのかという話にはなるが……

(22:20)ポジションを軽くしたい(1.064×1&1.05617×1→指値1.06005)

NYタイムを前に、結局1時間足20SMA(緑の点線)に反応して落ちて行ってます。この流れが引き続きリスペクトされればいいのですが、逆に行き始めるとキツい流れになりそうなので仕切り直したい気持ちもあります。

まあ今全利確すれば、諸々含めてプラスで終えられる感じですが、ポンドはもしかすると解消した方がいいか?
一応、ちょっと下げてくれれば不利なポジションを建値で逃げられるような指値をなんとなく置いてるけど、望み薄かなあ・・・・・・。

逆にここから期待で上がるのかって話ではあるけど・・・・・・。切りたいけど、切るような水準でもないというのが正直なところ。

ここで言える反省点

メインシナリオに対して、まずチャート的な意味でしかサブシナリオを構築できていないから踏まれたってのはありそうですね。
この政策が撤回される可能性というリスクが思考に入ってなかった。上がったらこうしよう、みたいなふんわりした議論はしていたけど、シナリオに対しての逆説は考えてなかった。これが1つ。

あと、まだ損切りを巻き込むほど大きなポジションは溜まっていないことを失念してたかな。

まあ、4時間足でこれだけ揉めば多少は溜まってるとは言えるけど、このヒゲで損切りはやってしまったと。結果を見ればそうね。

ここは見逃した方が良かったのかもなあ……。まあ、これからNYタイムでどうなるかわからんけど、しばらく踏まれることも視野に入れておこう。

とはいえ、こんなことが起こってるようで。なるほど、国債価格が下落することで、国債を持ってる人に追証が発生するので、しゃーなし売ることになるのかな。まあこれはポジショントークですね正直。

株も見てなかったな

株はどうせ下だろうみたいな意識でノーマークだったけど、重要なテクニカルの位置で反発し、一旦ドル安になる、というシナリオは出来てなかったかな。

ということで、めちゃめちゃ踏まれました(笑)

まあまだ焦って損切りはしないけど、どっかで一旦の切りどころは探すかなあ……という気持ちはあります。
やっぱり動きが熟れるのを待つべきだったね、というお話です。

とはいえ、まあファンダは依然として下方向ですので、ちょっと戻りは売られるとは思いますので一旦平均約定価格のとこに指値を置いて様子見です。なんかの拍子に触れて解消できればラッキー、です。

(23:37)来ちゃったねえ、ドル安…

スポット末日ロンフィクは案の定ドル安に向かう動きですね……ぐちゃぐちゃに踏まれてますが、ここで4時間足20SMAに到達。
売りたい勢からしてみると絶好の売りポイントですね。ということでまだ損切りせずにホールド。というか別にファンダの大枠が変わったわけでもないので、何かヘッドラインが来るまで耐え忍びつつ、いい戻りがあればさらに売っていっていいとは思っています。

まあ一旦ドル安やるだろうなって想像してたのにヘッドラインに振らされてポジション取っちゃう悪い癖です。シナリオ構築が甘いです。
この時点でポンドドルは65000円の含み損ですが、同時に持ってるドルフランのおかげで傷は少し浅く済んでます。

まあこのドル安はしばらくは止まらないかな。ただ、このドル安はポジション調整の一環だと捉えてるので、一旦深い押し目を作った時に救えなさそうなら損切り、かなぁ〜….って感じです。とりあえずこうなった以上月末の嵐が過ぎるのを待ちます。

もちろん、ドル高が是正されるorポンド安期待が後退するヘッドラインが飛んできたら損切りしようと思います。

その他の反省点

あと、ドルインデックスの日足とか全然調整が足りてないんですよね。値幅も時間も。
最悪なのはこっからこのチャネルに回帰する動きではあるが、一応このドルインデックスはユーロ安も反映されてるのでわからないところ。

大きな動きがあって、重要なテクニカルポイントに到達した時はまずは長い時間かけて様子を見ること、ですね〜。
まあ損切りするような状況じゃないので耐えてみますけど、一旦ドル高ポジションが切らされる場面ですね。ドルショートで一旦そこをまくるのもアリですけど、いつ戻るかわからんのでやめとこう(笑)

あとちょっと気になるのが、次回FOMCの75bp利上げってなんか思ったほど織り込まれてないんですね。どうせ0.75%だと思うけどなあ。まあ指標次第かというところではあるわけですが・・・・・・

1.10水準まで戻ってきたら売りを入れたいけど、まあどっちにしろどこかでショートしたいという気持ちは変わらんので、だったらずっと持ってようかなって感じですね。この額で損切りしないのはちょっと気持ち悪いけど(笑)

(翌朝6:47)さらに踏まれてますね

起きたら思ったより反発してますね。今のとこ含み損が20万弱(笑)(笑)

とはいえ、これはポンド安ではなくドル安、つまりテクニカルリバウンドだと思ってるので、いい位置で売り増せばいいという話にもなってきます。
どっちにせよラウンドナンバー水準は割と狙われてると思うし。まー、ヘッドラインに振らされてポジション持つとこうなるわけですわな、って感じです。

とはいえ盲信は禁物

ただ、過去に「ユーロドルは下がるしかないだろ」というファンダがあるのにも関わらず、謎に一ヶ月ぐらいユーロドルが停滞していた時期があります。まさか1.03水準まで調整が進むとは僕も当時思ってなかったし、何かユーロ買いできる根拠でもあるのか…?とか思ってたら週足チャネルできれーーーーーに反発していって落ちていった、なんてことがありました。

その次も、約一週間の間、材料のない間揉み合いを続けていました。まあこれはパリティのオプションの影響もあったと思います。

つまりそういう時期が来るということも念頭に置いて、適宜ポジションは軽くできるようであればした方がいいなとも思うわけです。

ドルはどこまで調整するか?

まず、株の反発が終わらないとだと思うんですけど、しばらく先かなあとは思います。株式市場はずっとやけに楽観的すぎるイメージがあるので、まあなんだかんだ言ってある程度反発はするんじゃないですかね。株高・ドル高になってくれるんならいいけど、やっぱり行き過ぎたものは自律反発するので、そう考えるともうしばらく、って感じです。

ドルインデックスは大きく下げました。まあレジサポ転換する域までは下がらない…というか、下がってほしくないんですけど(笑)、なんとなく材料難な気がするので、このままずるずる下がって行くのかもな、っていうのはあります。

まあ正直損切りはしたいんですけど(笑)、ここで焦って切るのが最悪なので待ちです。
このまま上に調整してくれるのなら1.10000で反発しやすいし、デイリーピボットと4時間足20SMAの水準が近いので、ここでポジションを半量ぐらい落とす、っていうのは選択肢としてアリかなと思います。

何にせよ材料出尽くし感もありますし、ドルがちょっと楽観的な空気を感じます。

流れとしてはこういう感じですね。米金利が低下していく、っていうのはシナリオになかったけど、まあ月末リバランスでしょうね。わかってたのに欲望を抑えられなかったよなあ〜(笑)って感じ。

あと、また楽観的な市場参加者が利下げ期待とかいうわけわからんことをぬかし始めており(笑)、素直にドル高に行く公算が小さくなってきました。

とりあえず、ポンドについては1.1〜1.2を目指す動きなのかなーという気持ちもあるのでポジションは少し減らしたいけど、全部を損切りすると、そこから下がった時が痛手(特に買い材料がないままであればどうせそのうち下がる)ので、あくまでもロスカットの可能性、および資産を守るムーブって感じですね。厳しい戦いを強いられてるのは確かですけど。

実際のとこポンドって別に買われてないですからね。この動きはドル安によるところが大きいです。

まあこんな感じです。豪ドル・円が若干売られてますけど、ドルが思いっきり売られてますのでこれが当初メインシナリオとして考えてた月末リバランスのフローだということになります。

とはいえ、やっぱドルが大きく動くとしたらこの時期かな。ちょうど一ヶ月後です。
それまでは材料待ちみたいな動きになるかもですね……ただ、リセッションが起こるとドル安方向にポジションが傾く可能性も考えられます。
そういう思惑でドル安の方に行く可能性、ってのは排除できないので、やはりこのポジションが危険であることは変わりないですかね。

他にもこういう記事の見通しがあり、最終的にドル高になっていくという見通しは変わらないというか、安値を切り下げられない株式市場は楽観的だと思います。

まあそういうわけなので、まだこの苦しいポジションは持ってようかなと。

えぐい含み損だけど、まだメンタルを保ててるのはこのドル安がテクニカルリバウンドだという後ろ盾があるからですね。(逆にそうじゃなかったら損切りしてるけど)

一番のリスクはドル安が思ったより進行することなんですけど、大きく動くとしたらドル高方向の可能性が高いので、ドル安が進めば進むほど、時間調整があればあるほど、普段のロットでエントリーした時の利回りが良くなるって感じですね。

とはいえ、こういうスケベな位置でのトレードの癖に、なんだかんだ5枚使ってるのは資金管理が甘いですね。ロット抑えてるつもりではあったけど、積み重なるとこうなるのね……。ちょっとこのポジション量は反省かな。

とりあえず、この水準では損切りも売り増しもできるわけがないので待ちます。

(8:50) 売られてきました

ちょうどいいチャートポイントに居たドルフランを利確しこれ一本になったわけですが、ここでポンドが売られてきました。

まあこんな早朝の値動きに優位性はないものの、ドル高・ポンド安でやはり売りたい勢力は多そう。
建値まで戻ってくるとは僕もあんまり思ってないけど、ここでレンジ相場になってくれるのであればいいなみたいなところはある。

ただ僕の感覚だと、このポジションは月末までは助からないだろうな〜って思ってるけど・・・・・・(笑)

(10:19)下げのフェーズか

大きく下げたものの、ちょっと下げ止まりましたね。直近高値の水準に反応してるのかな。

1時間足で見るとこうですね。RSI50に反応してるようにも見える。まあデッドクロスが起きてるけど望み薄かな。

下がるならもう少し下げてくれないと損切りしづらい感。まあ明らかにここで反発するだろみたいなピボットとの接触の仕方であればポジション量を軽くするけど、別にポンド売りって持てるんだよなあ、っていうか1.1水準の指値が約定する保証ないし、そんな無理くり損切りしたくないなあ、という気持ちとドル安に思惑が傾いた時のプレッシャーがキツいしなあみたいな。

ちなみに1.08水準の含み損はこれぐらいの額です(笑)

(18:53)うーん、流れが悪いですね…

まじでクソポジ掴んだなあ…笑 ということでオージードルのポジションでも言ったけど、やっぱここで反発してきましたね。
とはいえ全体的にちょっと反発ポイントがちぐはぐで、これはどちらかというとポンド高の動き。

豪ドルは思ったより深掘る形に。なんか逆三尊出てて気持ち悪いな……

ユーロドル。大きめのオプションがこの水準にあり、ここから大きくドル安になるかっていうとそうでもない気はしてる。

ただどちらにせよドルは調整が必要だという目線は変わらずなので、ここで値幅調整の方に行くようであれば、どっかで意を決して損切りする必要はあるかなと思う。月末に捕まるとほんとめんどくさいなって痛感しましたね……。
まあこういう負けトレードを追っていくことで、未来の自分への教訓となるのでね。切れる時に切っときゃよかったっすねこうなったら笑

まあ、あるとすればこういう上昇三角かな。上の指値はちょっと上にずらした(チキン)

いずれ落ちてくるという相場観は変わらずだけど、そんなすぐには助からない覚悟はしてるので、とりあえずまだ安心できるヨコヨコ展開の時間調整をしてほしいところですね。

(19:45)とりあえず一安心

一応、狙い目としてはこの上昇三角は意識されているっぽく、ここで下落している。ナンピンは事故った時いよいよ助からなくなる(証拠金が足りなくなる)のでしない。

ユーロドルは大きいオプションの水準と1時間足20SMAが重なっている。まあ上向きなのでここで反発するかっていうと確度はどんな高くないし、上に行く可能性の方が高いとはいえ、ちょっとは障壁になるかな。

ここ最近謎にずっと弱い豪ドルは、ピボットを下に抜けて定着。ここで4時間足20SMAがレジスタンスになればドル安の進行はそこまで強いものにならなさそうとも思える。

一方で、こういう思惑も出ているので、ドル安方面のヘッドラインが来たら注意って感じですね。バイデンさんの失言の件もあるし。

あとはまあ、ちょっと注視しなきゃいけないのはドル円のこの動きかな。145円を執拗に攻めたがってる。ここで介入なんか来ちゃうとやばそうだけど、144.8〜145円の売りが優勢になるとドル安の流れができるかも。

ベストなのは一旦146円目指して振り落とす動きかなあ。

(20:45)時代はドル安か

上がってきましたね…。含み損が17万ぐらいですか。この額を耐えてるのは初めてなのですが、そこまで狼狽えてないですね。

ただまあ地合いはよろしくない空気を感じます。まくられるリスクも当然あります。

ドルインデックスがどこまで調整するかだけど、まず第一候補としてはこのトレンドライン。
日足20SMAまで調整するようならどうなんだろう……。

ただ正直、ドル高になる新しい思惑って今何があるのっていうと、なさそうなのがなあ……。
明日のミシガンは確報値ってことでそんなに大きな変動ないだろうし……


月初のISMの数値が悪くなると、いよいよ本格的なリセッションかということでドル安を一旦やる可能性が高まってきますよね。
かといっていまドル以外で何か買える通貨ってあるのかという話ですね。短期だと円は買えなくもないけど、別に買う理由ってそんなないし…思惑でいえばフランか?

ってなると、消去法で利上げ期待が先行してるドルしかないと思うんだよな……結局……。他に買えるものがないから、やっぱ調整終わったら素直にドルストレートは下がるんでね????

ドルが下がるファンダとしてはリセッション懸念の話が出た時に逃避先があるかどうかですね。そうなった時はドル円のショートの動きを見て、乗れそうなら乗ってみるかって感じです。
そういうリスクオフ局面でドル高になるのかドル安になるのか見えてこないけど、チャートを見てるとドル安を一旦やりたがってるように見えます。で、FOMCに向けてドル高に戻っていく、っていうのが割と分かりやすいシナリオかな。

なんだか長丁場になりそうですけど、含み損を抱えてる時こそポジショントークをしたくなるものなので、そういうのを残しておいて今後の糧にしたいところですね。このトレードはまじで早漏だったなあとつくづく思うばかりです。

(22:28)やー、苦しいっすね(他人事)

このタイミングで上に行かれるとなあ〜笑

ポンドはもしかすると14日まで結論が出ないかも知れないって考えるとなかなかにキツいですね。

とはいえ、これだけボラがあるということは、上で待ち構えてる指値でいくらか軽減ができたらいいなというのはある。とはいえ1.10000のラウンドナンバーでのプライスアクションを見て、かな……

思ったよりドル安が進行する可能性もあるので、そういう空気を感じたら指値は上に動かすかも知れない。
まあこのトレードは浅かったという自覚はあるので、とにかく踏み上げられるとロスカットになって全戻しになりかねないので慎重に。

一応、苦し紛れにフィボナッチとかひいてみた。一応今の指値の水準が半値戻しらしい。
ただ今日ここに到達されるとこのドル安の流れが止まらないと思うので、できれば明日まで持ちこたえて欲しいな。結論が出るのはそっからだと僕は思う。

62%戻しまで行くと20日SMAがありいい感じなんですけど、逆にそこまで戻られると正直キツいっすね。

ここで切って仕切り直しもできないことはないけど、だったらせめて上の指値と相殺してポジションを軽くしていく、ってムーブを取ったほうがマシなので耐えるしかありません。
1.1で反発するならいいし、そこでちょっとショートの損切りを巻き込んで上がったところで約定できればいいかな、みたいな。ただ正直怖い水準ではある。

今日のロンフィクがドル安方向だったら指値は一旦外すつもりでいる。

ただ、通貨強弱を見るとポンドがめちゃめちゃ買われてるんだよな・・・・・・。まあ、四半期末の利益確定の買い戻しなのかな……。

あんまりこういう動きに巻き込まれたことなかったから、いざこうやって体感すると恐ろしいものね、って感じです。まあまだ静観です。
調整だと思ってるから切れないでいるけど、この水準で切らないってのは普通ではないのでだいぶリスキーなことしてるって感じはしますがね……っていうかロット割と落としてたつもりなんだけど、ポンドのボラをナメてたなあ・・・・・・。

(23:07) 指値を一旦外す

1.1いきそうな勢いっすね。ここの売りオーダーがどうこなされるかによりますけど、売るなら明日のロンフィクがいいので、一旦事故防止のために外しておきます。

とはいえ、結構買い戻しは進んできたのでそろそろ感あると思いますけど、まあもうちょっとわかりやすいシグナルが来るまで売り追加はナシですね……。
買いで追随するのも怖い水準です。

というところで見てましたけど、ちょっと売り優勢かな?


(23:16) 試しに売りを突っ込んでみて退場(-10,987円)→再チャレンジ

売りの勢いが強いなって思ったので、なんとなく追随売りをしてみたけど、底を掴んだところで勢いが弱まったので、こりゃー違うなということで退場(笑)

とか書いてたら更に下げそうだったのでめげずに追随。これも退場しそうな気がするが……

ちなみに5枚入れてる。ここで反転しないのなら一段高かなということで、これについては1.1超えたら切るか。

とはいえ1時間足レベルでバンドウォーク中に入るポジションじゃなかったかもな。一応僕本来はスインガーのはずなんだが……

一応、ロンフィクが始まった時間に下げ始めたので、今日のロンフィクは下か〜とか安直な方向で乗りに行ったのは事実である。
だから揉み合ってもないのにV字を狙おうとするのやめような、という話である。とりあえず逆指値を1.1に置いとく。これはもう自戒に近い損切りですね。

その場のモメンタムに任せて乗ろうとするの、悪い癖だなって感じますね・・・・・・。こういうの、直前に揉み合いがあってこそ成り立つものだと思うのだが……

(9/30 月末&週末)→(再チャレンジの逆指値が約定し-38,255円)

起きたらエグいラインまで伸びてた。含み損はたぶん30万ぐらいだろうか。ここまで無理に耐えるのは初めてなのだが……

僕の考えていることとして、要はこういうことです。だからガチホしてる(最悪なのは落ちて再エントリーできず、損切り分だけが残ること)

むしろ1.2水準に定着するようなことがあればだいぶマズいというか、それこそ仕切り直しを求められるんですけど、一度ナンピンして救われないかというのを試したいところですね。イメージとしては過去のドル円と一緒ですね。

しっかしここまで買い戻されるとは思わなかった。四半期末のリバランスをナメてた。ドルやポンドが売られてたぶんの巻き戻しはあるだろうとか思って一旦ドル安はやるとか言ってましたけど、大きく動いた期だとこうなるのね……。まあこれは経験不足です。

とはいえ、この緊急会合で減税政策について修正を行うのであればちょっと雲行きは変わってくるかも。でも、この政策って支持率を上げるためのパフォーマンスだと思ってるからそう簡単には撤回できないんじゃないかなあ・・・・・・。
国債買い増しで金利を下げて安定させることで市場操作を目論むみたいな感じだと思うんですけど。14日までここで膠着するみたいな流れが最悪だけど、マクロヘッジファンド勢が月初に攻勢仕掛けてくれるといいですね。それが僕のメインシナリオではあるけど・・・・・・

まあここで一旦30万ぐらい失っても勉強料だと思って切れるけど、まじであれですね、大きく動いた後は一週間ぐらい気絶しておくか、やるにしても逆方向のエントリーにすべきだったなあと反省・・・・・・。
でもこういう気付きを得られる過程ってなんか楽しいからやめられないんだろうね。

とはいえ急激に売られてきてます。もうちょっと確度がないとナンピンはできない(一番最悪なのは強制ロスカット)ので、月末が過ぎるのを待ちたいところです。

その後

ちゃんと書いてなかったけど、最後に置いたナンピンの指値が約定し、そのまま上昇して強制ロスカットです。もう仮定が全部崩れるぐらいの水準なので致し方なしです。

まあ、いままでちゃんと損切りできてたからこういう大怪我を未だしたことなかったんですけど、損切りしないとこうなるのねっていうのは学べたなといった感じです。人生1回ぐらいこういう経験しとかないとね・・・・・・。
ちょっとでも仮定が崩れてたらファンダがどうこうじゃなくて切るべきだったのかも知れないし、そもそも大きく動いたあと揉み合ってないとだめだったなっていうのが反省点ですね・・・・・・。ま、これを今後に活かして頑張りたいところですね。

ちなみに、さらにその後普通に建値ぐらいに戻ってきてて殺意を覚えましたが、まあ四半期末の月末フローとドル高のリバランスをナメてたというのがあります。まあこれで資産が半減しましたけど、また心機一転がんばりましょう(笑)