2022/9/28(水) ドルフラン(売)0.99194×1(損益:+26,120円)

2022年9月29日

やってしまった……

ちょうどいいところでダブルトップを形成し、1時間足20SMAまで戻ってきたところで打診売り。月末リバランスはドル安方向に行くんじゃね?とは思ってるし、ここからドル高が大きく進行するような材料もないだろうとの見方なので、まあ取れたらラッキー程度の売りです。日足のチャネルでダブルトップなので、ここから一旦ドル安の流れに行けば大きいが、動き方が不穏なのとデイリーピボットに反応しているというのが気持ち悪い。

とはいえ、ポジポジ病っぽいなぁ〜みたいなとこあったので、やはり1lotで様子見って感じです。

どこまで戻ってくるかわからないので、次は15分足20SMAとかのエリアにある直近安値とかを狙って売り上がってみようと思う。
で、高値更新しにいけば損切りって感じです。

その他ドルストレート

特にチャネルとか引いてないレイアウトを引っ張ってきたので分かりづらいですけど、下げ基調とはいえ下げ渋ってる感じはするんですよね。まあ、雰囲気でしか見てないって考えると優位性は低かったかなあって反省すべきところではありますが、日足のチャネルはテクニカルとして割と僕は信用する方なので、このまま様子見。

17:52 0.99349×1追加

狙ってた水準の近くに達したところで、売りたい勢力がいるなーと思ったのでここで打診売りをもう1玉追加。15分足20SMA(緑の点線)に反応したってのもあるけど、こういうのにすぐ飛びつくあたりがよくない気がする。

とはいえどこで止まるかわからんので、ちょっとずつナンピンしていこうかなと思う。次の目標は0.995水準で、ここから先の増し玉はしない。

19:02 ちょっとクソポジ気味だったが(逆指値を0.99500に→外す)

15分足レベルでこんな揉み合い続けられてクソポジだったかと萎えてたが、急落したのでひとまず安心。
建値ストップ置くか迷ったが、まだまだ触れそうなので我慢。

なんかやべえ特殊玉が入ってたっぽい

なんか大きく動いたなと思ったらこの特殊玉か……。月末のこういうヤツの存在をすっかり忘れてましたね。
かなり昔にこういうので焼かれたことあるので、逆指値は外しておきます。

とか言ってたら戻ってきた

いやな値動きですね。まだ下方向を目指す動きだと僕は見てるけど、不利な方のエントリーがちょくちょくマイナスになってアレ。
一応今はデイリーピボット下のウィークリーピボットが効いてる形。これを下に行ってくれたらアツいが、利確して逃げとくか迷う感じではある。

値動きの傾向はいいんだがなあ・・・・・・。明確に下抜けてくれれば安心して建値ストップ置けるが・・・・・・。
あと今気づいたけど、引いてた水平線(オレンジ)に反応して下がってますね。つまりここまで戻ってきたらちょっと優位性が落ちるし、レンジ相場入りとも捉えられますね。

逆指値を0.99190(15.9pips+0.4pips)にセット

なんか下に行きそうだし、ここで下に行かなかったらただの怖いだけのポジションと化しそう(そもそもドル高に逆らったポジションなので踏まれるとウザい)なので、絶対負けない位置に逆指値を置いとく。
とはいえ不利な方のポジションは精算したみが強い・・・・・・。

ちょっと下に行って、デイリーピボットをレジサポ転換して戻るムーブ。そしてウィークリーピボットで攻防・・・・・・。
なんかこの中途半端な位置のエントリー持ってドキドキはしてたくないかもな・・・・・・。

19:17 1枚利確(+1971円)し、逆指値を0.99320(+2.9pips)に置く

不安の種は取っておこうということで、不利な方のポジションは解消しておくことにした。平均約定価格を下げると、負けないようにした結果0円撤退になりそうなので、だったら2000円だけでも確定させておこう、ということに。

15分足20SMAの水準ぐらいまでは全然戻る可能性あると思ったので、逆指値は浅めに。これでチャートから目を切れます。

(21:05) 下がってきましたね

いい感じですね。今のとこ含み益1万ぐらい。この額になると利確したさはあるけど(笑)、もうちょっと追撃できそうな気がするのでホールド。

メインシナリオとしては、水色の水平線(日足)で一旦反発してからの、4時間足20SMAとかがレジサポ転換するみたいな流れだと美しいですね。

一方、ドル安になるか?といいう疑問もあるポジションなので判断は慎重にしたいところ。ただ、フランは利上げ期待がされてる通貨ではあるけど、その思惑が今吹き出すかって言われるとねえ・・・・・・。
スイスの政策金利発表って次は12月なんですよね・・・・・・。リスクオフで買われるかも知れないけど、だったら円の方が良さげではあるしなあ・・・・・・。

まあ頃合いを見て利確も検討できる地合いですね。ポンドドルも怖い動きになりそうですしね。
このままドル安に向かうなら継続、ドル安・ポンド安が今のポジションにはベスト、ドル高・(単なる)ポンド安みたいな感じになるのであればこのドルフランは撤退して利確、って感じですね。

(23:45)ドル安が来た

やっぱ日足レベルのテクニカルは効きますね。ちなみに時を同じくしてポンドドルのショートを持ってて、それがこのドル安で滅茶苦茶に踏まれてるので心中穏やかではありません(笑)(笑)(笑)

ただ、ドル安がいつまで続くかはこのドルフランもひとつの目安になるかもです。水平線にタッチしてさらに下げていくようであれば、結構深めに調整する可能性がありますね。

ヘッドラインに安直に乗りたがるのが僕の悪い傾向だよなーって書きながら思ったりしとります。hmm…

(翌朝7:45)ドル安が進行

思ったより早いペースで突き抜けてきましたね。まあ、ポンドドルで捕まってる身としてはマジかよ、って思いながら見てるけど(笑)

月末はずっとこの流れが続くのかな……。うまいこと反発するならレジサポ転換を狙い追随売りをしてみたいところだけど、しょせんこのドル安はテクニカルリバウンドだと思ってるからなあ。

やっぱ利確して終了(165.9pips:+24,169円)

過去の安値まで大きく下げており、一旦反発するフェーズ。下落の仕方が急なのでテクニカルリバウンドがくる公算が大きい。
もともとチャネル下限まで引っ張るビジョンがなかったということもあり、値幅は満足ということで利確して終わることにした。

もしかすると、水色の水平線にまで戻ってきた際に再び売りで入る可能性はあるが、どうなんだろうな・・・・・・。ちょっと微妙な気はしてる。ドル安が来そうな空気感があるかどうか、ですね。

その後

底で買い戻せたので良かったですね。そしていい位置で反発していますが、ここからドルが大きく下げるよりかは地味な値動きが続く方があり得るかなということで深追いはせず。

とりあえず同時に捕まってるポンドドルが救われることを信じます(笑)