2021/3/22(月) トレード振り返り(収益:+4,754円)

今日やることあんのかな

ドルストの動きがはっきりしないうちはトレードする材料がない。
円も株次第ではようやく調整に入る可能性もあるし、調整が終わってからエントリーした方がアドなので触れない。
夜にパウエル発言があるも、結局トレンドラインの節目に到達している以上変にポジションを持てない。

持ち越したポジション

ドル円は長期ホールド予定なので割愛。

ユーロドル売2枚(1.19671 約+80pips +17,000円)

長期的なユーロ安を前提に持っているポジションだが、日足レベルのトレンドライン下限にチャレンジしており、少々不安はある。
目下に週足のライン(1.186あたり)があり、ロンドンタイムまでにそこに到達するのなら全決済か部分利確をしたいなとも。
逆に東京タイムで上がっていくのであればおいしい展開になりそう。

ドルフラン買2枚(0.92782 約+20pips +4500円)

この日足のトレンドライン内にいる限りは持っていたさはある。一応建値ストップは置いてるけど・・・・・・。

1時間足をみるときれいな逆三尊パターンが完成してるので期待。

環境認識

ドルインデックス

窓があいて、相変わらずドル高機運はあるが、この水平線やトレンドラインを上に抜けることはできるのだろうか、といった感じですね。
金利はさすがに下落局面だが、すべては株次第といった感じ。

ユーロポンド

一方気になるのがユーロポンド。ユーロが下がるなら売ってもいい位置。
とはいえポンドも弱いからなあ・・・・・・。だったら月足ラインへの実体回帰を狙ったロングの方がいいか・・・・・・?
でもポンド安ポジションを狙うなら当然ユーロポンドよりも別の通貨ペアの方が効率は良さそうだが・・・・・・ドルもわかんないし、円もなあ・・・・・・。結局株次第になっちゃうな。

ユーロオージー

ユーロオージーも同様。ともに月足のライン付近でうようよしてる。豪ドルも高くなるのか安くなるのかわからんが、株が落ちるなら豪ドル安になる可能性が高い。まあだったらオージードルのショートでいいんだけど。

オージードル

とはいえオージードルもこんなところで売りたくない。

円高進んでね・・・・・・?

代表してポンド円のチャートなんかを見てみると、なんか午前の段階でめっちゃ落ちてる・・・・・・。
ロンドンタイムで上がってくるようであれば売り場になる可能性もあるか・・・・・・?

株が死ぬなら豪ドル円もショートしたいな。三尊できるし。ポンド円でもいいんだけど。

やることもなく終了

今日はずっとドル安でしたね。あんまトレードする気なかったのでポジションは放置してたんですけど、ちょっとこれも建値ストップに触れそうな感じはする。15000円あった含み益が5000円ぐらいに減ってて不愉快きわまりない( ˇ-ˇ )

にしても上昇の勢いが強いなあ。押し目作ったら決済したいなあとは思ってるけど、なんかもう無理なのかな。
こうなったら引きつけて豪ドルとかポンドとかそのへんを売りたい感。

ちなみにフランはストップロスで終了してた。逆指値はちょっと上のほうに置いてたはずなんだけど、急落したんすかね・・・・・・鬱陶しいなあ、、、

やっぱ利確した(+4,872円)

反発するなら緑のトレンドラインもしくは水色のトレンドラインに触れてからと思ってたからホールドしてたんだけど、ここで大きく戻すってことは利確フローがもう入ってるんだろうし、ここから大きく下げるビジョンもテクニカル的にわかないので、一旦短期のドル安トレンドが発生したと考える。

とりあえず取れる利益だけ取って戻り待ちスタンスでいこうかなと。