2021年4月 第2週の眺望

ドル高・円安トレンド継続か

昨日の雇用統計の動きを見ても、ドル高期待はまだ続きそう。
いつ終わるのかわかんない、って段階だとまだドル安になることはないとは思う。

とりあえず株が死ぬまではわりとイージーな相場になるんじゃないかなと思ってる。
株価指数はやってないけど、まじでバブルだなあって思いながら見てる。

ドル円

月足の雲に阻まれている状態。ここで揉み合いになるんじゃないかなあと思って見てる。
押し目があれば拾っていきたいが・・・・・・。110円ぐらいまで落ちてきたら一発かましたいところ。

ユーロドル

大きな流れでいうと三尊を作りに行ってくれるとわかりやすいが、ドル安の流れが来ない限り厳しいか。
週足の雲なんかもあるので、目線はまだまだ下だと思う。指値に触れてくれたらいいけど・・・・・・。

ユーロ円

なーんも見えてこないねえ。ユーロ安なのもあってレンジ気味なにおいもするけど、それ以上に円安っぽいので一応目線は上にはできる。
ただスイングでトレードするような材料もないので、短期でしか見ることはないチャートだと思う。

ポンドドル

うーん、わからん(笑)

一応目線は下ではあるので、いい戻りを期待。
とはいえ現時点で日足20SMAまで迫ってて、ここが戻りのポイントになりうるのは確か。ちょっと拡大して見てみよう。

ピンクのラインは自信がないが、だいたい半値戻しですね。ここで下がるって、週足ラインを確かめに行く展開は比較的きれいではある。

1時間足。いいラインが引けますね。

15分足。何があったんだっていうバーコード状態。ただ明らかに20日SMAが意識されているのがわかる。気付いてなかったなあ・・・・・・。

これでもかってぐらい意識されてるので、軽い気持ちでポジションを持ってみて、明確上抜けで損切りっていうのを週明けから早速やっても面白いかな。とりあえず1.3845に売り指値2枚入れとこ(たぶん引っかからないけど、窓期待)

ポンド円

ポンド円も上値がだんだん重くなってきそうな位置にいるので、ここでポンド安を期待するのはアリですね。
クロス円についてはドル円以外トレードする価値を感じないので、短期で取れそうなとこがあったら狙う感じです。

オージードル

何回か触れたとおり、ここで三尊の右肩を作りに行ってくれないと旨味が少ないので、指値だけ置いて静観。
ドル安が来たら売れるかなといった感じ。まあその場合ポンドドルが含み損になりそうだけど(笑)

豪ドル円

下がってくれねえかな、って感じ(笑)
でも豪ドル円の時代は終わったかなあ・・・・・・。

ドルフラン

はっきりしないね。前にエントリーした時にガチホできれば強かったのになあ。トレンドラインがズレてたんだよね。
これは完全に乗り遅れたので、短期でロングできそうならしてもいいかなぐらい。

フラン円

見事なレンジであるが、実はちょっといい位置にいる。
ドル円も調整の様相を呈しており、ここから円高になる可能性もあるのでこれはショート狙ってもいいかも。

ということで頂点を探っていく展開になる。僕の見立てではまだまだ上にはいくと思う。

でも1時間足を見てるとぐちゃぐちゃしてるんだよな。うーん。天井かも。
とりあえずピンクのライン下抜けでエントリーしたい。

15分足で見ると、じつはいい水平線が引けるので、どっかのタイミングで打診ショートして、この水平線のロングを焼き殺す動きを期待するのはアリ。

タイミング的に、そこでピンクのラインを下割ると最高にアツい。これは狙っていきたいところ。

ユーロポンド

激弱チャートだが、ダイバージェンスが起きてる=ポンド安期待がある。
ユーロポンド自体は形がわからんすぎてトレードする気になれないが、これだけ見てると上方向に一旦調整する展開を見たい。トレンドラインも抜いてるし。じり下げしてるのが気に入らないけど・・・・・・。

ポンドオージー

ポンドオージーもトレンドライン上抜け。やけに豪ドルが弱かったからかな。
これだけ見てるとちょっとロングしたくはなるけど、このトレンドラインも正直怪しいところはあるので、あんまロングしたくないかな。もっとわかりやすい優位性にかけたいので、ドルストレートで取引するならいまはポンドの方がわかりやすいという見解。

逆に豪ドルがもう少し上がってから落ちる展開であれば、このトレンドラインは意識されているなあ(つまりブレイクワンタッチ)ということになるよね。
なのでここからわかることは、ポンド安はまだ確定してないな、という気持ち。

ユーロオージー

なんかちょっと上方向に行こうとしてるよね。ユーロ高がくるかなあ・・・・・・。そういう見立てであれば、いま置いてる指値は変更せず、引っかかるのをずっと待ってた方が良さそう。ユーロポンドも上行けばいいなあみたいな感じだったし、ユーロはさすがに調整来そう。

この赤ラインが意識されるのであればユーロオージーのロングも良さそうではあるが、豪金利もゆーて高いしなあ・・・・・・って考えると微妙。

まあ、ゆるやかでいいトレンドラインは定義できるけどね。オージードルがいい形になる(ある程度豪ドルが上がってくれる)とロングする意義はありそう。

ユーロフラン

ファンダでいうと微妙だが、チャートもちょっとよくわからん。よってこれも短期で狙えばいいかなというペア。

まとめ

ドル・円ともに本格的な調整が来てくれればいいなとは思ってる。調整が来ないのであればドル円が含み益になっていくだけだからいいけど・・・・・・。
まあ焦らずじっくり待ちつつ、短期で取れそうなとこ見つけたらちまちま遊んでいく週になるんじゃないかな。